個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

PayPay(ペイペイ)の20%還元キャンペーンに注目

あつまろ
WRITER
 
Paypayアイキャッチ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
あつまろ
あつまろ。個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでいます。 1)株式投資を中心とした資産運用 2)生活とお金

あつまろです。

Paypayが「100億円あげちゃうキャンペーン」なるものを発表しました。要は「PayPayを利用して買い物をすれば20%が還元される」というものですが、今回は「キャンペーンの内容」や「そもそもPayPayって何?」について見ていきます。

Paypayの100億円あげちゃうキャンペーンの概要

まずキャンペーン期間は2018年12月4日から2019年3月末まで、です。ただし還元総額である100億円に期日前に達した場合は、その時点でキャンペーン終了となります。キャンペーンの中身は以下のとおり

①PayPayで決済すると20%分のPayPay残高が還元される(還元上限は、一ヶ月5万円まで)

②40回に1回の確率で、支払額の全額(最大10万円)がキャッシュバック(1/40)

③Yahoo!プレミアムのユーザーは20回に1回の確率で、支払額の全額がキャッシュバック(1/20)

④ソフトバンクとY!mobileのユーザーは10回に1回の確率で、支払額の全額がキャッシュバック(1/10)

つまりは20%の残高還元がメインで、あとは抽選で全額還元のチャンスがあると考えればよいかと。PayPay出資元のソフトバンク、ワイモバやYahooプレミアムはこれを機に自社サービスのユーザ数拡大を目指して合同キャンペーンをやっている感じですね。でも、そもそもPayPayってなにかって言うのを見ていきましょう。



そもそもPayPayってなあに?

ソフトバンクとヤフーの2社がキャッシュレス決済サービス普及を目指して、PayPay株式会社を設立してスマホ決済サービス「PayPay」を提供。

PayPayのシステムは、インドのQR決済事業者「Paytm」が技術協力しているそうです。Paytmはソフトバンクのビジョンファンドを通して孫さん(孫正義氏)が投資をしています。ソフトバンクグループの出資先による有志的結合というか、孫さんの群戦略の具体的な施策の一つとも言えます。

なお、本筋から離れますが、Paytmはインドで3億人以上のユーザ(消費者)と800万以上の加盟店の運営を実施しています。インドでは偽札やブラックマネー撲滅のためにモディ大統領が2016年に新紙幣に移行して旧紙幣を使用不可とするという急な政策を発令して国内のマーケットは冷え込んでいました。私は旧紙幣を持っていたのとちょうど移行期間にインドを訪れていましたが、銀行には長蛇の列が並び店舗では売上が下がり、いろんな人に会うたびに旧紙幣使用停止に不満をこぼしていました。そんなペーパーマネーからQRコードによるキャッシュレス決済で追い風を受けたのがPaytmでしょう。今ではお布施もQRコード決済と言われています。



PayPayってどうやって使えばいいの?

paypayの利用

PayPayってどうやればいいの?について見ていきます。ざっくりいうとPayPayに登録したクレジットカードや電子マネーを選んで、店頭でQRコードで決済するというもの。スマホだけで支払いが完結するというサービスです。

①PayPayアプリのダウンロードと新規登録

いまなら新規登録だけでキャンペーンとして500円分の残高を受け取ることができます。お得なのでもらいましょう。

②PayPayの支払方法を登録

PayPay残高(銀行口座からのチャージ)
Yahoo!マネー
クレジットカード

という3つの方法があります。いまなら銀行口座からのチャージとして5,000円を入金すると、1,000円分の残高を受け取ることができます。これもお得なのでもらいましょう。ただし、Yahoo! Japan IDの連携が必要で既に持ってなかったりすると少し面倒くさいなって感じます。

③PayPayで支払・決済する

「スキャン支払い」と「コード支払い」という2つの方法があります。

「スキャン支払い」は、店舗に設置してあるQRコードをスキャンする決済方法で、コード支払いはアプリ上にバーコードを表示して読み取る決済方法です。

「コード支払い」は、アプリにある表示コードを店員にみせて決済する方法です。

※不用意にネットに自分のコードをアップしてしまい、知らないうちに引き落とされたとかそういう問題が起きたりしそうな気もするので、こちらは慎重に取り扱った方が良さそうです。

PayPay100億円あげちゃうキャペーンへの向かい方

まずやるべきことは①PayPay新規登録による500円分の残高プレゼントを得る ②PayPayに5,000円チャージして1,000円分の残高プレゼントを得る、という2点をすぐに実施した上で2018年12月4日を迎えるようにしたいです(これでタダで1,500円をゲット)

あとはキャンペーン開始後ですが、まだPayPayをを利用できるお店は限られています。

ねらいめは家電量販店です。キャンペーン開始後にはヤマダ電機が利用可能になり、ビックカメラやジョーシンも利用可能になりそうです。これを機に家電の買い替えをすると20%の残高還元がありますからお得感があります。ここでは全額残高ポイント相当の還元の可能性が40分の1あるので宝くじの気分でいきましょう。ここで注意をするのは、最大10万円分であるため複数家電を複数購入するときは手間でも決済は分けた方がいいと思います。最後に20%還元については一ヶ月5万円までですので、月間25万円がターゲットになると認識しておきましょう。

月間25万円以下:20%還元
月間25万円超 :20%還元にならない

結論。PayPayを利用するしないは自由ですが、手間も少ないですし、やっておいた方が得です。にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


この記事を書いている人 - WRITER -
あつまろ
あつまろ。個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでいます。 1)株式投資を中心とした資産運用 2)生活とお金

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あつまろのこだわり資産運用 , 2018 All Rights Reserved.