個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

今月の投資2018-12(Facebook)

あつまろ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あつまろ
あつまろ。個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでいます。 1)株式投資を中心とした資産運用 2)生活とお金

あつまろです。

毎月、なにかの企業に投資していくことで株式保有の絶対量を増やしていこうとしています。直近ではFacebook(FB)に投資をしました。今回はこのFBに投資したねらいをみていきます。

評価している点① 高い収益性と成長率

FB自体への信用問題もあれば欧州GDPRの規制強化もあってネガティブ感満載で、株価がかなり落ちてきました。そんな落ち目のFBに対して評価している点は高い収益性と成長率です。FBは収益率高く営業利益率40%超で、売上成長は下げてきましたがそれでも30%台という成長率は高い成長率です。


評価している点② サービス・ポートフォリオ

Facebookのサービスは飽きられてきているけれど、ユーザ増加率はいまだに10%近い伸びがあります。同社はFacebookだけでなくサービス全体でのポートフォリオがあります。インスタグラムやWhat’s up(ワッツアップ)は強い。またVRは同社が力を入れている分野。まずは端末Oculusがリリースされましたが、まだVRはゲームにとどまってます。中長期ではコミュニケーションとしてのVRの可能性に同社が期待をかけているようです。他に2018年11月にサービス開始されたtiktokのパクリの「Lasso」。インスタはスナチャをパクリ続けて成功してきので、ここでも巻き返しできるか?です。日本ではかなりtiktokが浸透しているので苦労しそうですが、同社の個人SNSエリアでの買収・類似サービス・マネタイズ力は抜きん出ているので、そのビジネス感には期待しています。


評価している点③ 潤沢なキャッシュフローと株主還元余力

フリーキャッシュフロー(FCF)も伸びています。年間170億ドル(1.9兆円)はゆうに超えるペースでFCFを得ています。これらのキャッシュでさらなる買収など投資につかうことは多いんでしょうが、それでも株主還元にも向かっていく流れだと思います。既に2018年には1兆円規模の自社株買いを実施済です。企業の発展ステージとして、そろそろ配当による株主還元をとる時期が近づいているように思えます。

このように期待が剥がれて株価が下落して割高感が薄れる一方で、安定成長と株主還元のバランスフェーズに期待して投資を実施しています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


この記事を書いている人 - WRITER -
あつまろ
あつまろ。個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでいます。 1)株式投資を中心とした資産運用 2)生活とお金

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あつまろのこだわり資産運用 , 2018 All Rights Reserved.